TOPICS トピックス

4月から始めたい!紫外線量が増える季節の肌対策

温かな日差しの日が増えてくる4月の半ばから下旬。

みなさんは、紫外線対策をもう始めていますか?

実をいうと、4月の紫外線量は9月と同じ程度。これから、7月・8月の真夏にかけて紫外線量はどんどん増していきます。

まだ、真夏までは時間がある…と悠長にかまえていると、気づかないうちに肌にどんどんダメージが蓄積されてしまう可能性も。

この記事では4月からの紫外線対策について解説します。

日焼け止めをしっかり塗ろう

4月になったら、すぐに始めたいのが「日焼け止め」でのケアです。

4月の半ばまではまだ冷え込む日もありますが、日中は日差しが心地よく、気持ちも晴れやかになりますね。日光を思いっきり浴びたくなりますが、紫外線対策をせずに外で過ごすのは要注意!というのも、この時期はUV-B(紫外線B波)と呼ばれる強い紫外線の量が増え、気づかないうちに肌にダメージを与えてしまうからです。

UV-Bは紫外線の中の5%の割合を占める光線で、波長が短く、肌の奥にある真皮層にまでは到達しない紫外線です。しかし、エネルギーが強く、無防備に浴びると肌の表面が赤く炎症を起こし、シミやそばかす、シワやたるみをもたらす原因に!

夏の終わりに、今までなかったはずのシミが増えてしまった…ということにならないためにも、4月から日焼け止めをしっかり塗る対策が必要になります。

SPFが高ければいいとは限らない

日焼け止めをたくさん塗れば塗るほど効果があるとは限りません。

説明書に書かれている適量を守り、顔全体や首、手足に、塗り残しがないようにムラなく塗ることが大切です。

ドラッグストアに行くと、SPF50の日焼け止めが多く売られていますが、SPFの数値が高くなればそれだけ肌への負担が増します。

ベランダで洗濯物を干すとき、買い物に出かける時、スポーツをするときなど、シーンによってSPFを使い分けるようにしましょう。短時間、ベランダに出る程度でしたら、SPF10~30程度の日焼け止めで十分。SPFの高さよりも、正しくきちんと塗ることを意識しましょう。

特に、頬や鼻の頭など高くなっている部分は日焼けしやすいので重ね塗りするようにし、数時間ごとに塗りなおしをすることが大切です。

曇りや雨の日は日焼け止めを怠りがちですが、日が差しているときと同じように紫外線は降り注いでいます。天候にかかわらず、たとえ室内でも日焼け止めを塗り、軽くパウダーをはたくなどの対策を忘れないようにしましょう。

スキンケアとインナーケア

ここまで、日焼け止めによるケアについて説明しましたが、日焼け止めだけに頼るだけでなく、サングラスや日傘、帽子、ストールなどを活用した紫外線対策も有効です。

さらに、それらの対策と合わせて、ぜひ行っていただきたいのが、保湿重視のスキンケアです。

紫外線を浴びると、肌の奥の水分が蒸発して乾燥し、シミやそばかす、シワなどの肌トラブルにつながりやすい状態になります。

あらゆる肌トラブルの多くは、乾燥からくる場合がほとんどです。肌にはもともと、紫外線などの外的刺激から守るバリア機能がそのわっているのですが、肌の水分が減り、油分とのバランスが崩れるとバリア機能が低下。さまざまな肌トラブルにつながります。紫外線の影響も受けやすくなるため、注意が必要です。

うっかり紫外線を浴びてしまった日は、保湿力の高い化粧水で、肌全体を丁寧にケアすることが大切になってきます。

紫外線対策としておすすめしたいのが、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE(ACE)が含まれているスキンケア化粧品です。

ビタミンCは、肌のコラーゲンの生成にかかわる成分で、皮脂バランスの整え、色素沈着を抑制する美白効果が期待されます。

また、肌荒れを防ぎ、肌にハリをもたらすビタミンAや、若返りのビタミンとも呼ばれ脂質の酸化を防ぐ栄養素ビタミンEなど、どれも美肌が期待できるものばかり。 これらビタミンA・C・Eは外からのケアだけでなく、食べ物からのインナーケアとしてもおすすめです。

4月になったらシーベリーローション

シーベリーローションはこちら

4月からのスキンケアには、ぜひ、グアマラルのシーベリー化粧品シリーズを試してみましょう。ローションや美容液、クリームなど、どのアイテムにもビタミンA・C・Eがたっぷり含まれています。

お肌をしっとりと潤すアロエベラ液汁や海洋プラセンタも配合されていて、使い心地のよいローションになっています。

ローションを肌によくなじませたら、オイルなのにサラリとしたつけ心地のシーベリーフェイシャルオイルをプラスしてもよいでしょう。このオイルには、コラーゲンやレチノールなどの美容成分が配合されており、美肌にしっかりアプローチしてくれます。

シーベリーフェイシャルオイルはこちら

いかがでしたか?

紫外線対策は外からだけでなく、内側からのケアも大切です。日焼け止めをベースに、スキンケアやビタミン豊富な野菜や果物を積極的に摂るインナーケアも心掛け、紫外線に負けない透明感のある肌を目指しましょう。手軽に200種類以上もの栄養素が摂れるシーベリージュースもおすすめです。

シーベリージュース(ストレート)はこちら


【執筆ライター】

大内かよ

大学卒業後、医療メーカー企業を経て、ライターに。
現在は、化粧品・美顔器・ヘアケア・サプリメントなどの美容広告を中心に、コピーライターとして、ウェブ、紙媒体問わず活躍。
化粧品の営業で学んだ美容の知識と経験をベースに、プチプラから高級コスメまで、数々の商品を実際に使用してのレビュー記事多数。