TOPICS トピックス

くすみにはシーベリーローションパックがおすすめ!秋こそ夏の肌疲れをケアするタイミング!

 

 

まだまだ、暑い日もありますが、だいぶ日差しが和らぎ、秋らしい空気も感じられる季節になりました。

 

でも、鏡を見ると、何となくどんよりした顔が…。

それは、もしかしたら、夏に受けた肌のダメージが原因かもしれません。

夏の疲れを放置すると、肌の老化は一気に進みます。今のうちに、夏の疲れをしっかりケアしましょう。

 

秋に肌がくすむのはどうして?

夏は肌がべとつくので、乾燥を感じることは少ないのですが、秋になると急に、肌に刺激を感じるときがあります。また、肌がざらついたり、化粧のりが悪かったりするのも、夏の疲れの影響。肌のトーンが落ちて、くすみが気になるようになったら、危険信号です。

 

夏に受けた肌のダメージはターンオーバーのサイクルから、ちょうど1ヵ月後にあらわれます。ということは、今から夏疲れ肌のケアを始めれば、1ヵ月後には、成果があらわれるということ。

 

9月下旬から10月は、紫外線もそれほど強くないので、立て直しケアのちょうどのタイミングといってよいでしょう。

 

くすみが気になるなら、シートマスクがおすすめ

肌が疲れてくすみが気になったので、皮膚科の先生に相談したところ、ビタミンCやEの導入をすすめられたことがあります。

肌の美しさに有用なビタミンCとEが含まれている、ローションをスキンケアに取り入れるのは、とてもよい方法だと思います。

紫外線を浴びてしまった日や疲れがたまって、肌の調子が悪いとき、たっぷり美容成分が含まれたシートマスクは、私のお気に入りのケアアイテムです。

ドラッグストアにいくと、たくさんの種類のシートマスクが売られていて、どれを選んだらいいか、迷ってしまうほど。ぜひ、ピン!ときたものを選んで試してみてください。

顔の上にシートを10分ほど置くだけで、肌が潤い、生まれ変わったような気分になります!あまり、長く放置すると、今度は逆に肌の水分をシートが吸って、乾燥してしまうので注意!

シートをはずした後は、肌に残った美容成分を両手でプレスするように、しっかり押し込んで、整えてください。くすみが一層されて、肌が柔らかくなるのを感じるはずです。これは夜寝るタイミングでもいいし、朝のメイク前でも、いつでもOKです。

残念ながら、グアマラルのシーベリー化粧品にシートマスクはないのですが、ぜひ、作っていただきたいなあと思っています。

 

シートマスクがなければコットンでくすみケア

もっと安上がりで済ませたいなら、シートマスクの代わりに、コットンを使ってもよいでしょう。

コットンにローションをたっぷりふくませ、肌にのせるだけの簡単ケアです。個人的にはオーガニックコットンがやわらかくて、気持ちよく使えるので好みです。

コットンは乾きやすいので、少し乾いてきたら、ローションを上から追加します。

 

シーベリーローションでコットンパック

ローションは何でもよいのですが、シーベリーローションは特におすすめ。マンダリンの心地よい香りを楽しみながら、シーベリーのビタミンCとEを角質層のすみずみまで届けます。

シーベリーローションには、ビタミンC豊富なシーベリー果実エキスとビタミンEたっぷりのシーベリー油が配合されています。夏のお疲れ肌にぴったりですね。

 

秋からは美容液を取り入れよう!

夏は肌がべとつくため、化粧水と乳液ですませてきた方も、秋からはぜひ、美容液で肌に栄養を与えるケアを加えてみましょう。

特に、お風呂上りは肌の毛穴が開いて、美容成分が浸透しやすい状態になっています。特に、年齢を感じる口元や目元には、重ね付けをすると効果的です。

 

くすみは内側からのケアも大切に

スキンケアでの外からのケアも大切ですが、内側からのケアも同時に行いたいもの。

そこで、おすすめなのが、野菜ジュースやスムージーです。野菜ジュースはいろいろな種類がありますので、お好みの味のものを選ぶとよいのですが、ぜひ、試していただきたいのがグアマラルのシーベリージュースです。

血流を良くすることで、疲労物質を流す働きをサポートするビタミンEやアミノ酸が豊富に含まれているシーベリージュースが、身体の中から健康と美容をサポートしてくれますよ。

 

製品はこちら

 


【執筆ライター】

かよ

学卒業後、医療メーカー企業を経て、ライターに。
現在は、化粧品・美顔器・ヘアケア・サプリメントなどの美容広告を中心に、コピーライターとして、ウェブ、紙媒体問わず活躍。
化粧品の営業で学んだ美容の知識と経験をベースに、プチプラから高級コスメまで、数々の商品を実際に使用してのレビュー記事多数

 

サジージュースとシーベリージュースの違いは?どちらが美味しいの?

 

 

 

サジージュース(シーベリージュース)を飲んだこと、ありますか?サジーはアミノ酸やビタミン、ミネラル豊富なスーパーフードとして知られています。いったい、どんなジュースなのでしょうか?また、シーベリージュースとはどのような違いがあるのでしょうか。

サジージュースとシーベリージュースの違いは?

サジーは、小さくて鮮やかなオレンジ色が美しいグミ科の植物。実そのものはとても小さく、小豆くらいしかありません。それでいながら、栄養価が高く、特に海外では健康食品や化粧品の原料に広く使われています。同じサジーでも、地域によって呼び方が異なります。サジーは、主に中国で呼ばれる名称なのに対し、英語圏ではシーバックゾーンやシーベリーなどと呼ばれています。

つまり、サジーとシーベリーは金本的には同じもの。呼び名が違うだけです。

サジージュースとシーベリージュースの色

サジーとシーベリーは同じものだといいましたが、やはり、産地によって実の形や大きさ、果実の色などは違いがありますし、品質も大きく異なります。例えば、グアマラルのシーベリージュースの色は、鮮やかなオレンジ色をしており、味は濃厚で爽やかな印象があります。一方で、中国産のサジージュースは、シーベリージュースと比較すると、色が少しくすんで見えます。

 

サジージュースとシーベリージュースの味

サジー(シーベリー)ジュースは、酸味が強く、独特の風味があります。そのため、飲みにくいと感じる方がいるのは事実です。そのため、私は炭酸水などに入れて飲んでいます。サジージュースもシーベリージュースも味そのものに大きな違いはありません。ただ、飲み比べてみると、少しずつ差があり、特にグアマラルのシーベリージュースは、ほかと比べて、丸みのある味だと思います。また、酸味も抑えられているので、個人的には飲みやすいと感じています。

 

 

栄養価の高いサジージュース(シーベリージュース)

サジージュース(シーベリージュース)は、ビタミン類やポリフェノール、アミノ酸、鉄分などのミネラル、アミノ酸など、人間が健康に生きるために必要とされる栄養素がなんと200種類以上も含まれています。

グアマラルのシーベリージュースの原料は、モンゴル産。7,000年も前から生育し、人々の健康管理に用いられてきたと言われています。

モンゴル高原は、標高平均は1480mで、降り注ぐ紫外線量が多く、夏と冬の気温差が大きく最大で95℃もあります。年間降雨量は日本の4分の1程度と、植物にとって非常に過酷です。こうした厳しい環境だからこそ、モンゴルのシーベリーは、栄養価が高く、実の色も濃くて鮮やかになるのですね。まさに自然がつくった芸術品です。

サジージュース(シーベリージュース)を飲みくらべてみましょう

スーパーフード、サジー(シーベリー)の栄養がぎゅっと詰まったジュースは、ぜひ、毎日の健康習慣として加えたいアイテム。

でも、続けるとなると味はとても重要な要素です。いろいろと飲み比べて、自分にぴったりの味を見つけてください。

グアマラルには、シーベリージュースにゆずとはちみつを加えて飲みやすくした「シーベリー+ゆず」もあります。格段に飲みやすくなっており、大変おすすめです。ぜひ、お試しください。

 

製品はこちら

 


【執筆ライター】

かよ

学卒業後、医療メーカー企業を経て、ライターに。
現在は、化粧品・美顔器・ヘアケア・サプリメントなどの美容広告を中心に、コピーライターとして、ウェブ、紙媒体問わず活躍。
化粧品の営業で学んだ美容の知識と経験をベースに、プチプラから高級コスメまで、数々の商品を実際に使用してのレビュー記事多数

 

 

シーベリーエッセンスで忙しくても美しい肌に! 保湿成分たっぷりのスキンケアを!

 

 

シーベリー

忙しくても美しい肌でいたい! 保湿成分たっぷりのシーベリーエッセンスでスキンケアを楽しもう

仕事や家事、育児…と、女性は毎日大忙し。疲れやストレスをためやすく、慢性的な睡眠不足に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

疲労は健康だけでなく、肌にも悪影響を及ぼします。

肌のキメが乱れてくすんだり、たるみやシワ、シミが目立つようになったり、乾燥して吹き出物が出やすくなるなどの肌荒れにつながることも。

 

美しい肌を保つためには、上手にストレスを解消する方法を見つけて疲れをとり、睡眠時間をしっかり確保することが大切ですが、丁寧なスキンケアも欠かせません。

 

しかし、「ケアする時間がない」「疲れていて、スキンケアが面倒」という悩みが多いのも事実でしょう。

 

そこで、今回ご紹介するのが、シーベリーエッセンスです。

栄養たっぷりのエッセンスは、忙しい女性の強い味方です!

 

 

美肌の鍵はバリア機能

肌を美しく保つための「鍵」となるのが、「バリア機能」です。

 

バリア機能とは、肌の表面にある角質層に水分をしっかり蓄えることで、乾燥や外的刺激から肌を守る役目のこと。

 

つまり、潤いのある肌を保つには、バリア機能が整っていることが大切になります。

 

しかし、乾燥やストレス、睡眠不足、また加齢によってターンオーバーという、肌が生まれ変わるサイクルが乱れると、角質層にある天然保湿成分(MNF)や皮脂が減少し、バリア機能も低下してしまいます。

 

バリア機能が低下した肌は、外的刺激に弱く、肌荒れやシミ、シワなどの肌トラブルの原因に。

 

そこで、大切になってくるのが保湿ケアです。

 

保湿成分がたっぷり!シーベリーエッセンスを肌にオン!

グアマラルのシーベリーエッセンスは、「若返りのビタミン」とも呼ばれるビタミンEをはじめとする豊富な栄養素を含む、モンゴル産シーベリー果実エキスに、オーガニックのアロエベラ液汁やプラセンタエキス、水溶性プロテオグリカン、シーベリーから抽出したヒポファエラムノイデ油などの保湿成分を配合した美容液です。

 

その他にも、ツボクサエキスやローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、イタドリ根エキス、オウゴン根エキス、チャ葉エキスなどの植物由来美容成分を贅沢に配合し、肌をやわらげ、ハリのある艶やかな肌に導いてくれます。

 

肌あれを防止する働きで知られている、グリチルリチン酸2Kが含まれているのも魅力ですね。

 

すべての肌に必要なのは保湿です

乾燥肌、敏感肌、オイリー肌、混合肌と、肌にはさまざまなタイプがありますが、どの肌にとっても欠かせないのが保湿ケアです。

 

というのも、結局のところ、肌のトラブルの原因のほとんどが「乾燥」からくるものだからです。

 

オイリー肌の方は、肌がべたついているため、乾燥している自覚はありませんが、実はインナードライ肌に傾いている可能性があります。肌の水分が不足しているため、水分を保持しようと過剰に皮脂が分泌されていることが、とても多いのです。

 

シーベリーエッセンスは保湿成分をたっぷり配合したエッセンスで、どの肌のタイプでも使っていただけるものになっています。

 

また、パラベン、合成香料・着色料は使用しておらず、敏感肌の方でも長く使っていただけるように、低刺激な製品づくりにこだわっています。

 

感動のしっとり感。

シーベリーエッセンスの使い方はとても簡単です。

洗顔してローションで保湿した後に、エッセンスを適量手に取り、やさしく肌になじませませるだけ。

 

さらりとしたテクスチャなので、肌の角質層のすみずみまで素早く浸透し、塗った後の肌はしっとりと潤います。

 

せっかく浸透した美容成分が蒸発しないように、クリームできちんと肌に蓋をするのをお忘れなく!

マンダリンのほのかな香りを楽しんで

ほんのりと漂うマンダリンの香りが心地よく、毎日のスキンケアタイムが楽しくなりますよ!

 

製品はこちら

 


【執筆ライター】

かよ

学卒業後、医療メーカー企業を経て、ライターに。
現在は、化粧品・美顔器・ヘアケア・サプリメントなどの美容広告を中心に、コピーライターとして、ウェブ、紙媒体問わず活躍。
化粧品の営業で学んだ美容の知識と経験をベースに、プチプラから高級コスメまで、数々の商品を実際に使用してのレビュー記事多数

 

 

シーベリーオイルリキッドを食卓に。 スキンケアだけじゃない!食品としても重宝されるシーベリーの魅力

 

スキンケアだけじゃない!食品としても重宝されるシーベリーの魅力

ふと気がつくと、頬や顎、口元にポツンとできるニキビ。丁寧なスキンケアを心がけているのに繰り返しできる肌トラブルは、もしかしたら、食生活の乱れが原因かもしれません。そこで、今回ご紹介したいのが、グアマラルの「シーベリーオイルリキッド」です。

 

10代と20代以降では肌トラブルの原因が違います

皮脂分泌が盛んな思春期にできるニキビは、大人になると自然に落ち着いてきます。

しかし、大人になってからできるニキビや肌荒れは治りにくく、一度治っても、繰り返しできる特徴があります。

 

大人ニキビや肌荒れの原因は、生活リズムの乱れや寝不足、ストレス、暴飲暴食、ダイエット、肌に適していないスキンケアなど要因はさまざま。それらが、複雑に絡み合っているケースも少なくありません。

 

特に、食生活の影響は大きく、食事を見直すだけでも、肌によい効果が見られる場合があります。

 

そこで、今回、ご紹介するのが、グアマラルの「シーベリーオイルリキッド」です。

 

なぜ、今、 シーベリーオイルリキッドなの?

シーベリーオイルリキッドは、100%モンゴル産シーベリーの果実から抽出した食用オイルです。

 

モンゴルの気温はとても過酷で、夏は40℃近くになる一方で、冬は氷点下40℃にまで下がることもあります。極寒の冬を乗り越えるべく、シーベリーの実には凍結を防ぐために油脂が含まれています。

シーベリーの実の油脂は大変稀少で、1kgの実から抽出できるオイルは、わずか2g!

オメガ3系脂肪酸

α-リノレン酸に代表される、体内では作れない必須脂肪酸のひとつ。

細胞膜やホルモンを作る働きと関係があることが知られています。また、アレルギー症状を抑えや動脈硬化予防や血圧を下げる作用が期待されている成分です。

オメガ3系脂肪酸が不足すると、肌が乾燥しやすくなることも分かっています。

 

オメガ6系脂肪酸

リノール酸に代表される必須脂肪酸のひとつで、血中コレステロール濃度を下げる働きが報告されています。

 

オメガ9系脂肪酸

オレイン酸に代表される脂肪酸で、体内でも合成されるものです。血中の悪玉コレステロール濃度を下げる働きがあるとされています。

 

オメガ7系脂肪酸

パルミトレイン酸に代表される一価不飽和脂肪酸です。オメガ7系脂肪酸を含む食品は少なく、大変貴重です。人の皮脂にも一部含まれており、健やかな肌を保つためにも大切な役割を果たしていると考えられています。

パルミトレイン酸は血管をしなやかにする働きがあるとされ、また、コレシストキニンというホルモンの分泌を促すことで、満腹中枢を刺激し満腹感を高めやすいという研究報告もあります。

 

これらオメガ3・6・7・9脂肪酸は健康にはもちろん、美容にも有用な成分。バランスよく積極的に摂りたいものです。

 

ビタミンE・A(βカロテン)もスプーン1杯で

シーベリーオイルリキッドには、ほかにも健康と美容をサポートする成分が多く含まれ、スプーン1杯で、ビタミンE・A(βカロテン)や、ビタミンK・Dなども摂取できます。

シーベリーオイルに含まれるビタミンEの含有量はアーモンドの5.5倍、ゴマ油の6.5倍にあたります!(五訂日本食品標準成分表より)

 

 

抗酸化作用の高いビタミンEとは?

ここで、シーベリーオイルリキッドに含まれるビタミンEについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

ビタミンEは、強い抗酸化作用を持つことで知られる脂溶性のビタミン。油といっしょに調理することで体内に吸収しやすくなるため、炒め物やドレッシングなどに活用できます。

ビタミンEの大きな特徴は、抗酸化作用が強いこと。不飽和脂肪酸に入り込み酸化から守る働きが報告されています。

ほかにも、ビタミンEには血管の健康を保ち、LDLコレステロールの酸化を抑えるなど、さまざまな効果が知られており、健康に欠かせないビタミンとして、毎日、食べ物から適切に補うことが求められています。

ビタミンEが不足すると、血行が悪くなり、冷え症や頭痛につながることがあるといわれています。また酸化力が低下することで、血中のコレステロールが酸化しやすくなり、動脈硬化のリスクにつながることも指摘されているので注意が必要です。

肌のシミやシワができやすくなるなど、美容にも影響があるので、特に女性は気になりますね。

 

 

いかがでしたか?シーベリーは化粧品だけでなく、食用としても有用なことが、お分かりいただけたでしょうか。

グアマラルのシーベリーオイルリキッドは、保存料、香料、着色料、防腐剤不使用。

いつものドレッシングに混ぜて、サラダといっしょに食べれば、手軽にたくさんの栄養を摂取できます。ぜひ、いつもの食卓にプラスしてお試しください!

 

 

ただし、色が濃いため、洋服についてしまうと色が落ちにくくなるので注意してくださいね。

 

製品はこちら

 


【執筆ライター】

かよ

学卒業後、医療メーカー企業を経て、ライターに。
現在は、化粧品・美顔器・ヘアケア・サプリメントなどの美容広告を中心に、コピーライターとして、ウェブ、紙媒体問わず活躍。
化粧品の営業で学んだ美容の知識と経験をベースに、プチプラから高級コスメまで、数々の商品を実際に使用してのレビュー記事多数

 

 

シーベリーエキスとオイルたっぷりの石けんでしっとりすべすべ肌に。敏感肌にもおすすめ!

 

 

 

シーベリーエキスとオイルたっぷりの石けんでしっとりすべすべ肌に。敏感肌にもおすすめ!

小さな刺激で肌がピリピリしたり、つっぱったりすることはありませんか?

新しい化粧品を使ったときにかゆみや赤みが出たり、湿疹ができたりしやすい敏感肌の方は多いでしょう。特に、梅雨は気温や湿度が不安定なため、肌も影響を受けやすい時期。敏感肌の方にとっては憂鬱な季節です。

そこで、おすすめしたいのが、モンゴル産のシーベリーエキスとオイルを配合したグアマラルのシーベリーソープです。

 

敏感肌の原因は乾燥

 

敏感肌に医学的な定義はありません。

一般的には刺激に弱く、肌がカサカサしたり、ピリピリしたり、吹き出物がでやすい肌と言ったらよいでしょうか。

 

敏感肌の原因はさまざまですが、主に「乾燥肌」が関係しています。

というのも、肌が乾燥するとバリア機能が低下しやすくなるからです。

バリア機能は、肌の中の保湿因子が正常に働いて水分を保ち、外的刺激から肌を守る役目を担っていますが、内的要因や外的要因によって、そのパワーが低下することがあります。

ここでいう内的要因とは、疲労や睡眠不足、食生活の乱れ、ホルモンバランスの崩れなどのこと。一方、外的要因は気温や湿度、紫外線、化粧品、間違ったスキンケアなどを指します。こういったことが原因でバリア機能が低下すると、肌トラブルを起こしやすくなってしまうのです。

 

敏感肌を改善するためには、肌に負担を極力かけないスキンケアが大切です。

特に基本となるのが洗顔です。洗顔は汗や皮脂を洗い流して肌を清潔に保ち、次に入ってくる化粧水の浸透をよくする効果がありますから、疎かにできません。

 

 

肌タイプを選ばないシーベリーソープ

敏感肌や乾燥肌の方にぜひ、おすすめしたいのが、グアマラルのシーベリーソープです。

シーベリーソープは、ビタミンEをはじめとする、栄養がたっぷり含まれるモンゴル産のシーベリー果実エキス、不飽和脂肪酸などを含む天然オイルを配合した石けんです。

きめ細かく濃密な泡立ちが特徴で、肌の汚れをやさしく絡め取りながら、洗い上がりは、驚くほどしっとり。低刺激でツッパリ感なく使えます。

 

シーベリーソープは「コールドプロセス製法」で作られています。

コールドプロセス製法とは、石けんの原料油に過度な熱を加えずにけん化を進めるもので、熱に弱い良質な成分やシーベリーエキス、天然色素が壊れにくく、自然にできるグリセリン(保湿成分)が石けんに溶け込みます。こうしたプロセスを経て作られたシーベリーソープの洗い心地はまろやか。肌にやさしく、すべすべでしっとりした洗い上がりを楽しめます。

 

 

なんと、シーベリーソープの完成まで1ヶ月以上!

 

シーベリーソープは一つひとつが手作り。

機械を一切使用せず、手で撹拌し、熟成・乾燥を経て作られます。その期間は、なんと1ヶ月以上もかかります。

石けんづくりは気温や湿度の影響を受けやすいため、作りながら、ちょうどよい状態を見極める職人の経験や知識が必要になり、大変手間がかかるもの。しかし、肌にやさしい良質な石けん作りには欠かせないプロセスなのです。

 

 

スキンケアタイムを楽しくする、鮮やかなオレンジ

シーベリーソープには、シーベリーエキスが溶け込んでいるため、

鮮やかなオレンジ色をしています。

また、マンダリンオレンジとグレープフルーツの精油を使用しており、爽やかな香りで満たしてくれます。香る空間に癒され、スキンケアタイムが楽しくなりますよ。

 

余計なものは入れない処方

 

シーベリーソープには、保存料やパラベン、合成香料、着色料などの合成化学成分が含まれておらず、敏感肌の方でも使いやすくなっています。敏感肌の方にとって、肌に合う石けんを探すのは難しいものですが、そういった方にも、ぜひ、シーベリーソープを試していただきたいと思います。

 

シーベリーソープは泡立ちがよく手だけできめ細かい泡が作れますが、手作り石けんが初めての方は、泡立ちがもの足りなく感じるかもしれません。その場合は、泡立てネットを使用するとふんわりした、モコモコの泡が作れるはずです。

ぜひ、お試しください!

 

いかがでしたか?

洗顔は肌の状態を健康に保つためにも、とても重要なステップです。

肌にやさしいシーベリーソープで、すべすべ、しっとり肌を目指してくださいね。

 

 

製品はこちら

 


【執筆ライター】

かよ

学卒業後、医療メーカー企業を経て、ライターに。
現在は、化粧品・美顔器・ヘアケア・サプリメントなどの美容広告を中心に、コピーライターとして、ウェブ、紙媒体問わず活躍。
化粧品の営業で学んだ美容の知識と経験をベースに、プチプラから高級コスメまで、数々の商品を実際に使用してのレビュー記事多数

 

 

シーベリープロテインバーでスッキリ美活!自粛太り対策におすすめ!

 

 

 

シーベリープロテインバーでスッキリ美活!自粛太り対策におすすめ!

緊急事態宣言が解除されたものの、まだしばらく続きそうな自粛生活。

その中で、“コロナ太り”に悩む人が急増しています。データによると、自粛生活が始まってから、多くの人の1日当たりの歩く距離が減り、体重が増えた人はなんと5割以上。体脂肪においては6割にものぼります。

外出自粛が続いたことで、活動量が激減したことが主な原因と言えそうです。

 

それに加えて動かないのに3食しっかり食べたり、間食が増えたり…。これでは、体重が増えるのも当然ですね。

 

しかし、徐々にこれまでの日常を取り戻しつつある今、人と会う機会も増えています。

そこで気になるのが、もたついてしまったお腹。巷ではダイエットが注目されているようです。

 

 

急な食事制限がNGな理由は?

 

ダイエットと聞くと、多くの人がカロリーを気にして、食事量を制限しようと考えるのではないでしょうか。

たしかに私たちが太るのは、消費エネルギーより、摂取エネルギーが上回ったとき。

食べる量を減らせば、その分、摂取エネルギーも低下するので、必然的に体重は落ちていきます。

 

だからといって急な食事制限はNG。

かえって、ダイエットしにくくなることをご存知でしょうか。

 

糖質や脂質はカロリーが高く、きちんとエネルギーとして代謝されないと、体内に蓄積されて体脂肪になりやすいため注意が必要です。

 

しかし、たんぱく質は違います。不足しないように、しっかりと摂らなくてはいけません。

というのも、たんぱく質が不足すると筋肉のたんぱく質まで分解されてしまうからです。

 

代謝の良い身体や引き締まったボディラインを作るのは実は筋肉です。

筋肉が落ちてしまうと、代謝が悪くなって痩せにくく太りやすくなるだけでなく、ボディラインまでもゆるんでしまいます。

つまり、筋肉の材料になるたんぱく質をしっかりと補給しないと、ダイエットに成功しにくくなるのです。

 

肉類や魚類、大豆製品、乳製品などは、たんぱく質が豊富ですが脂質も多く、カロリーが高いため、ダイエットを始めた人は避けがちです。

 

さらに、たんぱく質は蓄積できない栄養素です。

一度に多くを食べても、余分な量は排泄されてしまい身体に留まりません。そのため、朝、昼、晩と少量でも定期的に食べて、身体にきちんと補い続けることが大切なのです。

 

 

 

ダイエッターにおすすめシーベリープロテインバー

自粛生活で活動量が減ったことで、私たちの身体は筋肉量とともに代謝も落ちています。

効率のよいダイエットのためにも、自宅でもできる、ストレッチや軽い筋トレを取り入れ、落ちた筋肉を取り戻す努力が必要です。

 

そこで、エクササイズの後にぜひ、プラスしていただきたいのが、しなやかな筋肉を作る材料になるたんぱく質。そして、そのたんぱく質を手軽に摂るのに、おすすめのアイテムがグアマラルのシーベリープロテインバーです。

 

シーベリープロテインバーは、200種類以上もの栄養素を含んでいるモンゴル産シーベリー粉末を配合したバー。

良質なソイプロテインをはじめ、鉄分やビタミンA・C・E、アミノ酸、オメガ7、女性に嬉しい大豆イソフラボンなどがバランスよく含まれています。

 

小麦粉、マーガリンやショートニング、砂糖不使用。

人工甘味料や保存料、着色料も使用されていません。

 

アーモンドとココナッツが配合されているので風味が良く、ほんのりと自然な甘みがあって食べやすい!コーヒーや紅茶とも相性ぴったりで、おやつタイムにもおすすめです。原料のすべてが植物由来なので、ビーガンの方でも安心ですね。

 

1本26gで小さめサイズなので、バッグやポケットに忍ばせて持ち歩きやすく、好きなときに食べられるのも嬉しいところ。パッケージに描かれたシーベリーの実のイラストが可愛らしくて、気分があがりますよ!

 

 

夏バテで食欲がないときもプロテインバーで栄養補給

6月も終わりに近づいて、暑い日が続いています。

これから、夏に向けて気温の上昇とともに食欲も落ちがちに…。

きちんと栄養補給しないといけませんね。

そんな食欲減退気味の時期にもシーベリープロテインバーが役立ちます。

健康的な身体づくりのためにも、ぜひ、プロテインバーを活用しましょう。

 

いかがでしたか?

特に女性はカロリーを気にして、たんぱく質が不足気味になる傾向があります。

ダイエット中の栄養補給に、エクササイズの後に、そして食欲がないときにも、意識してたんぱく質を摂るようにしましょう。

手軽に美味しくいただけるシーベリープロテインバーを、ぜひ、あなたのダイエットライフに取り入れてみてくださいね。

 

 

 

製品はこちら

 


【執筆ライター】

かよ

学卒業後、医療メーカー企業を経て、ライターに。
現在は、化粧品・美顔器・ヘアケア・サプリメントなどの美容広告を中心に、コピーライターとして、ウェブ、紙媒体問わず活躍。
化粧品の営業で学んだ美容の知識と経験をベースに、プチプラから高級コスメまで、数々の商品を実際に使用してのレビュー記事多数

 

 

シーベリー+プロテインで魅せる身体に!薄着の季節も怖くない?

 

 

シーベリー+プロテインで魅せる身体に!薄着の季節も怖くない?

5月半ばが過ぎ、気温もあがって、そろそろ薄着に変わる季節になりました。

すると、どうしても気になるのがボディライン。

春先までは厚着やコートで隠せましたが、薄着になると嫌でも体型が目立つようになります。このままではまずい!とダイエットする人が増えるのもこの季節といえるでしょう。ダイエット成功のゴールデンルールは、基礎代謝に見合った食事量と適度な運動。そして、忘れてはいけないのが効果的なたんぱく質の補給です。

今回は、ダイエットを成功に導く強力なアイテム、シーベリー+プロテインの魅力をご紹介します。

 

 

ダイエットに欠かせないのがたんぱく質

 

ダイエット中は、てっとり早くいつもより食事量を減らす方がほとんどです。

さらに、ウォーキングを取り入れたり、定期的にスポーツジムに通ったり、自宅で腹筋やスクワットなどの簡単な筋トレを始める方も多いでしょう。

 

摂取カロリーが減り、さらに運動によるエネルギー消費量が増えれば、ダイエットに効果的なのは言うまでもありません。しかし、ここで気をつけなければならないのが「筋肉の減少」です。

 

摂取カロリーが減っても身体は生きていくためにエネルギー源を必要とします。もし、エネルギー源が不足すれば、身体は筋肉までも分解してしまい筋肉量を減少させてしまう可能性があるのです。

 

筋肉量と基礎代謝は大きな関連があります。筋肉量が減れば基礎代謝も低下し、結果的にリバウンドしやすく、さらに太りやすくて痩せにくい体質に偏ってしまうことも。

ダイエットを成功させたいなら、たんぱく質をしっかりと補い、筋肉量を維持することが必須なのです。

 

特に、筋肉は日々の生活の中で常に分解と合成を繰り返しています。身体で利用されなかったたんぱく質は尿と一緒に排泄されてしまうため、適度なタイミングできちんと摂り続ける必要があります。

 

 

運動をしている人は特にたんぱく質摂取を心がけたい

スポーツジムに通って運動をしている方は、たんぱく質の摂取を心がけることが大切です。

 

というのも、筋肉量を増やすためにはより多くのたんぱく質が必要だからです。筋肉トレーニングをすると、自然に筋肉がついていくように思えますが、実は筋トレによって筋肉が傷つき、その後に修復・回復する過程で筋肉が成長していきます。

そして、筋肉の修復時に使用されるのがたんぱく質です。

つまり、筋トレや運動習慣のある方は、積極的にたんぱく質を補給する必要があるのです。

 

スポーツジムに通っていなくても、自宅で腹筋やスクワット、ダンベルなどを用いた簡単なトレーニングをしている方も多いでしょう。そういった場合も、ぜひ意識してたんぱく質を摂るようにするとよいでしょう。

 

 

150gのたんぱく質を摂ろう

厚生労働省は、日本人女性の場合1日50gのたんぱく質摂取を推奨しています。

たんぱく質は、肉・魚・大豆製品のほか、卵や乳製品から摂れますので、毎日の食事にバランスよく摂り入れるとよいのですが、かといって、四六時中たんぱく質に気をつかうのもストレスですよね。

 

食事だけで十分にたんぱく質を補えないときは、「プロテイン」を原料としたバーや水や牛乳に溶かして手軽に摂取できるパウダーを活用するのもおすすめです。

 

 

シーベリー+プロテインで理想のスタイルを目指す

今回、ご紹介するのがグアマラルのシーベリー+プロテインです。

 

シーベリー+プロテインは、200種類以上の栄養素を含むシーベリー入りのソイプロテイン(非遺伝子組み換え大豆)から作られており、ダイエット中に不足しがちな栄養をコップ1杯で手軽に補給できます。

 

たんぱく質のほか、女性にとって嬉しい成分である鉄分や大豆イソフラボン、美容成分として知られるビタミンA・C・Eやアミノ酸をバランスよく配合しており、しなやかで女性らしいシルエットづくりをサポート!

ダイエット中の女性だけでなく、運動好きの男性やビーガンの方にもぜひおすすめしたいアイテムです。

 

同じたんぱく質でも大豆由来のたんぱく質(ソイプロテイン)は動物性のものに比べて低カロリーです。体内で合成が難しいとされるアミノ酸をバランスよく配合しており、身体への吸収率もよいのが特徴です。

 

摂り方も簡単で、付属スプーン2杯のプロテインパウダーを150mL~200mLの水または牛乳、豆乳に溶かして飲むだけ。一杯あたり50mlのシーベリージュースに匹敵するほどの栄養素です。(シーベリージュースについての詳細はこちら

砂糖を一切使わず、甘味料としてステビアを使用。着色料、保存料も使わず素材そのものの味にこだわっています。

 

 

さわやかなゆず風味で、いつもの食事やエクササイズの後にゴクゴクおいしくいただけますよ!

いかがでしたか?

シーベリー+プロテインは、シーベリーだけではどうしても補えなかったたんぱく質も同時に摂れ、健康と美容を効果的にサポートします!ぜひ、毎日の生活に摂り入れて、自信の持てるスタイルを手に入れてください。

 

 

 

製品はこちら

 


【執筆ライター】

かよ

学卒業後、医療メーカー企業を経て、ライターに。
現在は、化粧品・美顔器・ヘアケア・サプリメントなどの美容広告を中心に、コピーライターとして、ウェブ、紙媒体問わず活躍。
化粧品の営業で学んだ美容の知識と経験をベースに、プチプラから高級コスメまで、数々の商品を実際に使用してのレビュー記事多数

 

 

シーベリーフェイシャルオイルでなりたい肌に。年齢を気にしない!

 

シーベリーフェイシャルオイルでなりたい肌に。年齢を気にしない!

紫外線が多く降り注ぐ、これから夏にかけての季節。UV対策だけでなく、乾燥肌にも注意が必要なことをご存知でしょうか。

日本の夏は湿気が多いため肌がべとつきやすく、保湿ケアがおざなりになりがちですが、暑い季節だからこそ、乾燥対策が重要になってくるのです。

特に、年を重ねるとお肌の脂質力が低下してくるので注意。肌トラブルを予防するためにも、保湿ケアを積極的に取り入れていきたいものです。

 

夏にかけての季節は乾燥肌に注意!

温暖化の影響か5月半ばを過ぎると、まるで真夏のような暑い日が続くことがあります。太陽光も強くなるので、紫外線対策が欠かせないのもこの季節の特徴。UVや美白ケアを気にする女性が増え、UVカット商品や美白用のスキンケア化粧品も市場に多く出回ります。

 

もちろん、お肌の大敵である紫外線対策は大切です。

しかし、それに加えて見逃したくないのが乾燥肌対策です。

 

こんなに汗でべとべとしているのに乾燥肌?と疑問に思う方もいるでしょう。

実は暑い季節だからこそ、乾燥に気をつけてほしいのです。

 

暑い季節は大量の汗をかきます。その分、体内から多くの水分が流れ出るため、肌の内部はカラカラに。肌の表面も汗を拭いたり、洗顔したりすることで潤いを逃していきます。

 

本来なら、毎日のスキンケアで乳液やクリームをしっかり塗り、水分を閉じ込めるケアが必要になりますが、汗でべとつくこの季節は、スキンケアもさっぱり系を好む方が多く、乳液やクリームでのケアが甘くなりがち。

 

肌の表面は汗でべとついているので乾燥に気づきにくく、知らず知らずのうちに乾燥肌に傾いてしまうのです。

 

肌の乾燥が強まると、シミやシワだけでなく、肌がくすんだりたるんだりと、見た目にも老けた印象になりますし、肌荒れなどのトラブルにもつながりやすくなります。

 

特に、30代後半から徐々に肌は老化していきます。年齢を重ねると肌の脂質量が低下し、乾燥しがちになりますから注意が必要です。

そこでおすすめなのが、モンゴル産のシーベリーの美容成分をたっぷり配合した、グアマラルの“シーベリーフェイシャルオイル”です。

 

美容オイルにはどんな効果があるの?

乾燥肌には、保湿効果の高い化粧水でしっかりとケアすることが大切です。しかし、それだけでは乾燥対策に十分とは言えません。

 

肌の内部は角質細胞で構成されているのですが、細胞同士の間には隙間があります。そして、その隙間を埋めているのが細胞間脂質です。しかし、乾燥が強くなるとその脂質の保水力が弱まり、せっかく化粧水で保湿しても水分を保持できず、どんどん蒸発しやすい状態になってしまいます。そこで、オイルを使用して水分の保湿を防ぐことが大切になってくるのです。

 

オイルと聞くとべとべとして、暑い季節に適さないイメージがありますが、植物由来のシーベリーフェイシャルオイルは、さらっとした感触でべとつかず、さっぱり使用できるのが特徴です。

 

また、肌だけでなく髪にも使用でき、肌や髪にうっすらと膜をつくることで、水分の蒸発を防いで、外的刺激からも守ってくれます。こうして、しっとりしなやかな肌や髪に導く役割を果たしてくれる優れものなのです!

 

 

厳選した美容成分で潤いを満たし、格上げ肌に

シーベリーフェイシャルオイルをおすすめするのは、その充実した成分にあります。モンゴル産のシーベリーの実から抽出したオイルには、ビタミンA、C、Eといった肌のキメを整え、弾力やツヤをもたらす働きが期待できる成分が豊富に含まれています。

 

特に「ビタミンC」は、日焼けによるシミの原因となるメラニンの色素にアプローチしたり、お肌のハリや艶に大きく関わるコラーゲンの生成を促したりなど、この季節に欠かせない成分。過剰な皮脂を抑えてくれるので、肌あれを防ぐ効果も期待できます。皮脂の分泌を抑えることで毛穴が引き締まり、美しいキメの整った肌に導いてくれるのです。

 

もちろん、保湿やシミ、乾燥による小ジワのケア成分として注目されているビタミンAや「若返りのビタミン」とも呼ばれているビタミンEのパワーも見逃せません。

 

年齢に応じたエイジングケアとしても重宝しますよ。

 

マンダリンオレンジの香りに包まれるマッサージ

紫外線の影響でお肌のバリア機能が低下すると、お肌の角質がかたくなって厚くなり、化粧水が浸透しにくくなります。そんなときは、ぜひ、シーベリーフェイシャルオイルを使ったマッサージを取り入れてみましょう。

適度な圧をかけながら、顔のコリをほぐすようにやさしくマッサージすることで、肌をやわらげ美容成分の浸透をよくします。また、マッサージにより血行を促して、ハリのある艶やかな印象肌を目指せます。

 

マッサージタイムをより楽しくするのが、シーベリーフェイシャルオイルのマンダリンの香りです。爽やかな香りが心地よく、気分もリフレッシュ。マッサージタイムが待ち遠しくなりますよ。週に1から2回のスペシャルケアとしておすすめです。

 

いかがでしたか?

これから夏に向けて、シーベリーのオイル美容はおすすめです。化粧水前のブースターとして、また美容液や保湿剤として、シーベリーオイルの贅沢美容をはじめてみませんか?美容成分たっぷりのシーベリーフェイシャルオイルで、潤いを逃がさない、素肌美人を目指しましょう。

 

 

製品はこちら

 


【執筆ライター】

かよ

学卒業後、医療メーカー企業を経て、ライターに。
現在は、化粧品・美顔器・ヘアケア・サプリメントなどの美容広告を中心に、コピーライターとして、ウェブ、紙媒体問わず活躍。
化粧品の営業で学んだ美容の知識と経験をベースに、プチプラから高級コスメまで、数々の商品を実際に使用してのレビュー記事多数

 

 

シーベリーで栄養をチャージ!季節の変わり目のイライラと不調に。

シーベリーで栄養をチャージ!季節の変わり目のイライラと不調に。

ポカポカと温かな日差しが心地よい春。

装いも軽やかになるこの時期が好きな方も多いでしょう。

 

一方、季節の変わり目は気温も気圧も不安定で、体調不良を訴える方が意外に多いもの。

疲れやすい、だるい、日中に眠くなる…といった症状に加え、花粉によるアレルギーに悩まされるのもこの時期の特徴です。

 

そんな不調を乗り切るためには、睡眠を十分にとり、栄養バランスのよい食事を心がけることが大切。そこで、今回は季節の変わり目だからこそ取り入れたい、シーベリーについてご紹介します!

 

春は自律神経を乱しやすい?!

 

春になって「なんだか体調がすぐれないなぁ」と思ったら、それは自律神経の乱れが原因かもしれません。

 

自律神経とは、臓器を動かしたり、呼吸を促したりと、生命を維持するために大切な働きを担っているもので、交感神経と副交感神経の2つから構成されています。

 

基本的に「活動しているとき」は交感神経が、「睡眠中やリラックスしているとき」は副交感神経が優位になるといわれており、これらが適切に作用することで、わたしたちの体内バランスが保たれているのです。

つまり、自律神経を整えることは、健康維持・向上のためにも重要なのですね。

 

春は寒暖差や気圧の変動が激しく、その変化に対応するため交感神経が優勢になりやすい季節です。また、日本の場合、4月からは新年度にあたり、人事異動や転勤・引っ越しなど生活環境やリズムが大きく変わりやすい時期ともいえるでしょう。

 

さらに、新しい仕事や人と出会う機会が増えることで、緊張しやすく、不安を感じることが続くため、知らず知らずにストレスをためがちに。

 

そういったことが、自律神経を乱し体調不良につながりやすくなるのです。

 

ストレスをためすい春だからこそ、ビタミン・ミネラルをたっぷりと!

 

そんなときに、ぜひ、取り入れていただきたいのがバランスのよい食事の見直しです。

 

仕事や育児で忙しい方は、サプリメントを利用するのもひとつの方法ですが、日々の栄養はできるだけ「自然の食材」から摂るのが望ましいのは言うまでもありません。

 

ぜひ、野菜や果物、豆腐や納豆などの大豆製品をバランスよく食べるようにしましょう。

 

春から夏にかけて、特におすすめしたいのが「ビタミン類」と「ミネラル」です。

特に、ストレスからくるイライラや疲れ、だるさが気になるときは、脳や神経細胞の興奮を落ち着かせる働きがあるとされるマグネシウムや免疫とかかわりがあるカルシウムを積極的に摂るように心がけるとよいでしょう。

 

シーベリーはカルシウムとマグネシウムが豊富

ユーラシア大陸に生息するシーベリーは、200種類以上もの栄養素をたっぷりと含むスーパーフード。なかでもカルシウムは、プルーンやぶどう、ブルーベリーなどと比較しても、群を抜いて豊富です。また、マグネシウムについても、他の果物に比べてたっぷり含まれており、春に摂りたい食材として、たいへん魅力的です。

 

そのほか、エネルギーの代謝を助け、疲れにくい身体づくりに欠かせないビタミンB群や、ストレスに対抗するホルモン合成に不可欠なビタミンC、パントテン酸なども、シーベリーは豊富に含んでいるんですよ。

 

そんなシーベリーは、シーベリージュースなどで手軽に毎日の食事に取り入れることができます。ストレスに負けない強い心身を目指すためにも、ぜひ、試していただきたいアイテムです。

 

※【画像】美容と健康に大切な成分比較 

七訂日本食品標準成分表日本食品分析センターデータ

 

毎日の健康に欠かせない栄養素がたっぷりつまっているシーベリー。

体調がすぐれなくて食欲がわかないときも、一杯で必要な栄養素をきちんと補えてくれるおすすめの食材です。

大自然が生んだシーベリーのチカラをシーベリージュースで試してみてはいかがでしょうか?

 

 

製品一覧はこちら

 


【執筆ライター】

かよ

学卒業後、医療メーカー企業を経て、ライターに。
現在は、化粧品・美顔器・ヘアケア・サプリメントなどの美容広告を中心に、コピーライターとして、ウェブ、紙媒体問わず活躍。
化粧品の営業で学んだ美容の知識と経験をベースに、プチプラから高級コスメまで、数々の商品を実際に使用してのレビュー記事多数

 

 

シーベリーの保湿ケアで、美しくすこやかな肌へ

シーベリーの保湿ケアで、美しくすこやかな肌へ

春になると、肌がカサカサと乾燥したり、かゆみが出たりと、何かとトラブルを起こしがち。人と会う機会が多くなるこの時期に、肌の調子が悪いと憂鬱になりますよね。

 

なんだか調子が悪いな…と気になったら、放置せずできるだけ早めのケアが大切です。

今回は、春のゆらぎ肌対策におすすめの、とっておきのアイテムをご紹介します!

肌荒トラブルを起こしやすい春がやって来た!

ポカポカと温かな日が続いていたと思ったら、急に肌寒くなってびっくり。

気温の変化が激しい春になると、肌にも影響を与えます。

 

また、この時期は花粉が大量に飛散するため、外を歩いているだけで花粉が顔に付着しやすくなります。それがアレルギー反応を引き起こすことで、肌がカサカサし、赤みやかゆみが出ることもあります。

 

さらに、冬ほどではないにせよ、まだ湿度はそれほど高くなく、きちんと保湿ケアをしないと乾燥肌に傾きがちになるのも、この季節の困ったところ。

 

乾燥肌になると、外的刺激から守る「肌のバリア機能」が低下するため、より肌に負担をかけてしまいます。

 

春の紫外線には要注意!

特に注意したいのが紫外線です。

紫外線は、太陽から地上に降り注ぐ光のこと。波長の長さによってUVA、UVB、UVCの3つに分けられています。

 

UVCは波長が短く、地球に達する前に大気層に吸収されるため、直接わたしたちに影響はありませんが、肌に強い刺激を与えるUVAやUVBには注意が必要です。

 

特に、春に気をつけたいのがUVAです。

UVAは地上に到達する紫外線の90%以上を占めています。

波長が長いため、たとえ窓ガラスでも透過して肌の深部にまで届き、気づかないうちに肌にダメージを与えてしまいます。その結果、ハリや弾力を失い、肌トラブルを起こしやすくなるのです。

 

紫外線は3月半ばから徐々に強くなり、4月、5月に急増。真夏とほとんど変わらない量にまで達します。

まだ、春だから…と油断は禁物!日焼け止めを塗る等して、紫外線対策をしっかりすることが大切です。

 

肌のゆらぎはストレスが原因になることも

ゆらぎ肌の原因は、紫外線や乾燥などの外的要因ばかりではありません。

日本人が抱えやすいストレスも肌に大きな影響を与えることがあります。

 

特に年度替わりの4月は、人事異動や転勤、引っ越しなどが多くなり、新しい環境や人間関係に慣れなくてはいけない時期です。

 

ストレスや不安が蓄積すると、ホルモンバランスや自律神経を乱して、吹き出物や肌あれを引き起こしやすくなるのです。

春のゆらぎ肌には保湿ケアが大切!

ゆらぎ肌ケアとして大切なのは、「できるだけ肌に負担をかけないようにすること」です。

そこで、毎日のスキンケアに取り入れたいのが「保湿」。肌を潤すことで、バリア機能を高め、外的・内的刺激から肌をしっかりと守ることが重要です。

 

特におすすめしたいアイテムが保湿効果の高いクリームです。

肌にクリームを塗ることで皮膚に薄い膜をつくり、外からの刺激がダイレクトに肌に触れないようにします。

 

グアマラルのシーベリー化粧品には、ハリや弾力をもたらし、キメを整える効果が期待できるビタミンEをはじめ、保湿成分オメガ7などの栄養素をたっぷり含むシーベリーオイル(モンゴル産)、海洋プラセンタなどを配合。

 

シーベリー化粧品を日々のスキンケアに取り入れていただくことで、しっとりと潤い、ハリのある、キメの整った美しい肌が期待できますよ。

 

美しさは「内側」と「外側」から

美肌を手に入れるためには、十分な紫外線対策や適切なスキンケアはもちろんのこと、心のケアも欠かせません。上手にストレスを解消して、身体の内側から美しくなることを意識してくださいね。

 

イエロードクタージャパンでは、シーベリー化粧品とシーベリージュースをあわせてお使いいただくことをおすすめしています。

 

いつまでも健康で美しく、元気でいてほしいお母さまに贈る「母の日」のプレゼントとしても、喜ばれています。

 

製品一覧はこちら

 


【執筆ライター】

かよ

学卒業後、医療メーカー企業を経て、ライターに。
現在は、化粧品・美顔器・ヘアケア・サプリメントなどの美容広告を中心に、コピーライターとして、ウェブ、紙媒体問わず活躍。
化粧品の営業で学んだ美容の知識と経験をベースに、プチプラから高級コスメまで、数々の商品を実際に使用してのレビュー記事多数