TOPICS トピックス

花粉で肌荒れ?デリケート肌が求めていたスキンケア

寒い冬は終わり。各地ではお花も咲き、桜の開花予報もでましたね。お出かけが楽しくなる季節ですが、一方で「花粉症」にお悩みの方にとってはつらい時期がやってきたと感じることも多いのではないでしょうか。年々増えているという花粉量、「花粉」というと、目のかゆみや、くしゃみをイメージする方も多いと思いますが、実は肌荒れも引き起こしているのです。この時期、肌の調子がなんだか悪い、と感じる原因とその対策をご紹介します。

 

敏感肌は要注意。花粉による肌荒れ

 

じつはこの時期起こる肌トラブルで気になるところ第一位は肌のかゆみ。
花粉症で目や鼻に影響を感じる方は多いと思いますが、肌も花粉の影響を受けています。花粉による肌荒れは一般的に「花粉皮膚炎」呼ばれており、花粉量が多くなる2~4月に発症する方が多いようです。

特に敏感肌の方は、乾燥した肌表面のキメの乱れから花粉が侵入しやすく、花粉皮膚炎にかかりやすいといわれています。

とくに近年は花粉量が年々増えているため、寒い冬を超え乾燥したお肌が刺激を受けやすくなっているため、注意が必要です。

 

花粉対策スキンケア

 

花粉に肌を触れさせない

まずは根本的にお肌に直接花粉をつけないことが大切です。外出時はマスクや眼鏡をしてできるだけ花粉をつけないようにしたり、帰宅時に顔をやさしく洗うなどするのが効果的。

 

バリア機能を低下させない

やはり日々の食事や生活習慣を整え、花粉に触れても荒れないお肌をつくること。とくに保湿を大切に、お肌のキメを整えましょう。

 

肌をいたわるスキンケア

肌荒れしたときにはとにかくやさしくお手入れすることが大事です。薬局などで市販の高機能化粧品もよさそうに見えますが、デリケートになったお肌には合わないこともあります。無添加の化粧品をつかってお肌をやさしくうるおしましょう。

 

肌トラブルにスペシャルなシーベリーエッセンス

 

もともとは年齢肌のためのやさしさとうるおいを考え、海洋深層水と希少なマリンプラセンタに数種類の植物エキスを使用した「シーベリーエッセンス」。
乾燥でデリケートになったお肌に栄養素を届け、内側から輝くようなツヤを与えます。
シーベリーの果実エキスを配合。自然に果実に含まれたオイルが肌を保湿してくれます。
乾燥や花粉による肌荒れが気になる頬や目の周りに重点的に重ねてお使いいただくのがおすすめです。

 

やさしく流して、うるおい保つ。#お湯だけ洗い とシーベリーソープ

注目の #お湯だけ洗い

顔と頭以外はせっけんを使わず、お湯につかって流すだけ、という入浴法が医師や美容家の間で最近流行っているのだとか。

 

お風呂上りに肌がひりひり、なんてことはありませんか?

 

年齢を重ねるごとに皮脂は減っていきます。
いままで使っていたせっけんが合わなくなり、肌に必要なバリア機能まで洗い流してしまうと、お風呂上りにすぐに肌が乾燥してしまうようになってしまうことも。

 

こころあたりが少しでもあれば、使っているボディソープを見直してみるのもいいかもしれません。

 

お湯だけ洗いでは、せっけんをまったく使わないわけではないのだそう。
すこし熱めのお湯に5分ほど体をつけ、そのあと皮脂の多い部分はせっけんを使い手洗いをします。

体全体に使えるシーベリーソープ

グアマラルシーベリーソープは顔はもちろん、体全体にも使えるせっけんです。

 

茨城県つくば市のせっけん工房でゆっくりと熟成させ、ひとつひとつ、全工程を手作業でつくりあげています。

 

工房は、もともと肌荒れに悩んでいた方が自分に合うせっけんをつくることを目的に始まったのだそう。パラベンや着色料など余計なものを使わない製法を続けています。

 

そんな工房でつくりあげる、シーベリーソープには、天然のシーベリーオイルを配合。
やさしい泡が肌をしっとりと洗い上げます。
オイルが練りこまれているため、お風呂上がりの肌の急激な乾燥が感じにくく。

 

せっけん自体は固めにできているので、シャワールームに置いていても型崩れやはやく溶けることはありません。

 

お湯だけ洗いのお供に、
やさしく体を洗い、うるおいを保ちます。

乾燥しない素肌へ。

シーベリー果汁とオイルを配合。

グアマラルシーベリークリームはラインナップの中でも、特にリッチなテクスチャー。
乾燥ダメージにさらされる肌のために、海洋深層水と希少なマリンプラセンタに肌をやわらげる尿素をプラス。朝晩の仕上げのケアにお使いいただくことで、うるおいをとじこめてキメを整えます。

もちろん、合成香料や着色料、パラベンは不使用です。

伸びがよく、つけた瞬間スッと肌になじむ感覚と、肌のツヤをご体感いただけます。

空気の乾燥や暖房による乾燥が気になる季節。
このクリームにはシーベリーの果汁だけでなく、オイルが配合されているので、
つけた次の日、乾燥ダメージに負けない肌に仕上げてくれる一品。

また、シーベリー成分のビタミン、アミノ酸、オメガ3・6・9・7も含有。
年齢とともに気になるシミやシワに、
整えるスキンケアを一度お試しください。

 

風邪予防にもシーベリーオイル。

昨日まで暖かかった気温も今日からだんだんまた寒くなっていくようですね。。
立春も迎えましたが、春のあたたかさはまだまだ遠そうです。
空気も乾燥していますので、風邪など、体調をくずされませんようおすごしください。

風邪予防にはシーベリー(サジー)オイル。

空気の乾燥はまだまだ続きそうですが、
のどの保湿にはシーベリーオイル(飲むオイル)がおすすめ。
実と種から搾ったオイルは、オメガ7が豊富に含まれています。
オメガ7とは、「若さの脂肪酸」と言われる栄養成分。
オメガ3・6・9はよく聞かれる方は多いかと思いますが、オメガ7は栄養成分としては珍しいとされています。
シーベリー(サジー)には、オメガ3・6・9はもちろん、このオメガ7が入っているところが大きな特徴。
そのほかにも、ビタミンACE・ビタミンB群、フラボノイド、アミノ酸など多くの栄養素を含んでいます。

多くの栄養素を含んでいることから、シーベリー(サジー)オイルは海外では漢方局に登録されていることも。
高い薬効が期待できるフルーツで、現地モンゴルでは、やけどの治療にも使われており、炎症がやわらげる効果を期待しています。
また、栄養価の高さから、宇宙飛行士が宇宙へ行く際にもっていくこともあるのだそうです。

希少価値が高いシーベリーオイル。

高い効能を期待されているシーベリー(サジー)オイルですが、収穫できるのはシーベリーの実1トンからわずか2㎏のみ。
とても貴重なオイルは、日本では北海道で試験栽培されているのみで、自生はしていません。

グアマラルの製品はすべてモンゴル産シーベリーを原料としています。
モンゴルは冬はマイナス40℃にもなる極寒の地。
そのような寒さの中、凍らずに自生しているモンゴル産シーベリーには良質なオイルが含まれています。

ぜひ空気の乾燥に強さを濃厚なオイルを!

シーベリーオイルリキッド

【マツコの知らない世界】シーベリーの情報を提供しました

【マツコの知らない世界 ~北海道物産展の世界~】

2018年10月9日(火)の放送で、シーベリーが紹介されました!

シーベリーのジュースやスキンケアを販売している会社として、

番組にシーベリーの情報を提供しました。

黄金のスーパーフード、シーベリー。

飲むだけじゃない、スキンケアにも最適。

スキンケアは北海道の研究所にて。

グアマラルのスキンケアシリーズは、北海道の研究所で作り上げています。

ていねいな製法で、敏感肌の方にもお使いいただけるような一品です。

 

 

 

【北海道で製造】敏感肌必見!シーベリースキンケア

「ドラッグストアの化粧品で肌が荒れた…」

「お化粧水がピリピリする…」

というお悩み、実は日本人女性に多いのではないでしょうか。

肌荒れ、シミ、しわ、ニキビ、毛穴が目立つ、肌がひりひりする。ひとつでも当てはまる方は基礎化粧品を見直す時期。本当に肌に良い化粧品を見抜くコツと栄養成分もたっぷり入ったシーベリーのスキンケアをご紹介します!

■肌荒れのメカニズム。肌が荒れる人の3つの特徴

「肌の調子が悪い…」急にそう感じる人の多くは次の3つが原因のひとつかもしれません。

①肌が乾燥している
②食生活が乱れている
③間違ったスキンケアをしている

 

①年中、肌は乾燥する

「乾燥」と聞くとなんとなく冬のイメージが浮かんできますが、実は肌の状態を見ると夏も油断できません。

その原因は、暑さと冷房。

夏は「暑い!」という理由でべたつくからとクリームを塗るのを省略…などやってしまうことはありませんか?夏は強い紫外線、室内外の寒暖差によるストレス、汗をたくさんかくことによるうるおい成分の流失が多くなる季節。スキンケアの工程を省くことでさらにそれを増長させてしまうのだとか。

 

②食べてるのに栄養が足りてない…日本人女性がとりたい栄養

ついつい便利すぎて、コンビニのお弁当にたよってしまったりすることはありませんか?また、日本人はアメリカ人に比べ、意外にも野菜をとっていない人が多いのだとか。

肌のターンオーバーを正常に保つには、できるだけ野菜を買って栄養バランスの良い食事に気を付けたいですね!

特にビタミンや鉄分はしっかり取りたい成分です。

 

③無意識にやってしまっているスキンケアの間違いとは?

「肌に浸透する」「洗浄力が強い」「ニキビを直す」という化粧品がありますが、そうした化粧品は敏感肌にとって、強すぎる場合があります。

ここでは、敏感肌の人が気を付けてチェックしたい化粧品選びのコツを少しご紹介します。

 

■知らないと怖い?!肌荒れを招くスキンケア

普段使っている化粧品。その成分までひとつひとつチェックしたことはありますか?
肌荒れに悩んでいる方で、使っている化粧品に次の成分が入っていたら原因はスキンケアにあるかも?

・界面活性剤

 肌の奥まで入り込み、必要な油分まで洗い流してしまう。
 成分名はラウリル硫酸ナトリウム、ラウレル硫酸ナトリウムなど

・防腐剤

 肌のアレルギーを引き起こす可能性がある。
 成分名はプチルパラベン、フェノキシエタノールなど

・ビタミンC誘導体

 美白効果のある化粧品に含まれていることがあり、シミを予防になりますが、刺激が強く乾燥しやすい。

すべての人に悪い、というわけではありませんが、肌が敏感になっているときや使用後異常を感じたときはスキンケアの見直しをしてみてはいかがでしょうか?

 

■北海道で製造、自然の素材にこだわったシーベリーのスキンケアライン

「市販の化粧品が合わなくて良いものをずっと探し続けている。」「最近肌質が変わった気がする。」「肌に優しい、少しこだわった化粧品を使いたい。」という方にとてもおすすめなのが、黄金のスーパーフードを使用した「グアマラル スキンケアシリーズ」。

こちらは最高級のモンゴル産シーベリーを使っており、製造は北海道のベルクール研究所で行っています。

こだわり①栄養たっぷりのシーベリー

シーベリーは200種類以上の栄養素を含んだ黄金のスーパーフード。
ビタミンA・C・Eや鉄分、アミノ酸などが含まれています。
グアマラルはそうしたシーベリーの中でも色が鮮やかで風味が豊かな最高級品の実を使用。

 

こだわり②界面活性剤・合成香料・着色料不使用

原材料には化学的な界面活性剤は一切使用していません。肌のバリア機能を害しない天然成分でつくられています。また、肌への浸透を助けるために、北海道の岩内海洋深層水を使用しており、肌にスーッとなじみます。

 

こだわり③珍しいマリンプラセンタ配合

プラセンタといえば、豚のプラセンタが一般的ですが、グアマラルは鮭のプラセンタを使用。アレルギーを起こしにくい素材です。

 

こだわり④丁寧に手作り

グアマラルスキンケアをつくっている北海道のベルクール研究所では、ラインを使わず、ひとつひとつお鍋をコトコト、ていねいに商品を作り上げています。

シーベリーの豊富な栄養素を雄大な北海道の自然が生み出す優しい素材が引き立てます。
安心安全なシーベリーのスキンケアはこちら

 

北海道で手作りのシーベリースキンケア

肌に直接つけるものだから、安心安全にこだわりました。
「市販のお化粧品が合わない」「自分に合うスキンケアをずっと探し続けている」
そんな方にお試しいただきたい、スキンケアシリーズは、
北海道のベルクール研究所でひとつひとつ、ていねいにつくりあげています。

イエロードクタージャパンの「グアマラル」は、
摘みたてをフレッシュなまま現地で一次加工。

フレッシュな状態のまま、衛生・安全管理が徹底された現地の生産工場で一次加工。
加工後は鮮度保持のため小ロットで空輸します。

北海道の研究所で、
ひとつひとつ、ていねいに。

製品化の最終工程は信頼できる北海道の研究所にて手作業でつくりあげています。

毎日続けたくなる、
カラダへのやさしさ。

信頼できる原料だけを。カラダへのやさしさを第一に考え、
合成香料・着色料は使用していません。