NEWS

妊娠中の栄養補給にサジーがおすすめな3つのポイント

妊婦さんに必要な栄養素「鉄分」。鉄分が不足すると、貧血を起こしたり、重症になると早産の原因になってしまったりするため注意しなくてはなりません。妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を送るために、食生活を見直したり、サプリメントを取り入れたりして栄養不足を補おうと思う方が多いと思います。

そこで、不足しがちな鉄分と、そのほか妊婦にとって嬉しい栄養素を無理なく摂取できるサジー(シーベリー)についてまとめました。

わたしは日頃から貧血にならない体質だし。
妊娠したって、鉄分不足にはならないんじゃないかな?

そんなことないよ。
妊娠中は血液の濃度も変わるし、妊娠前とは体質が違うんだ。
油断せずにサジーを飲んで栄養補給してね。

目次
  1. 妊娠中特有の悩みにサジーが効く
    • 【ポイント1】効率よく鉄分補給できる
    • 【ポイント2】妊婦の便秘対策にも効く
    • 【ポイント3】身体のだるさを軽減
  2. 妊娠中に特に必要な栄養素
  3. 妊娠中に栄養を効率よく補給する方法
    • 鉄分が豊富!貧血気味の妊婦におすすめ
  4. サジーを飲んでいた先輩ママの口コミ
    • つわりの時期にも飲めた

1.妊娠中に特に必要な栄養を効率よく補給

1-1【ポイント1】効率よく鉄分補給できる

妊娠中は赤ちゃんに酸素や栄養を運ぶために、母体の血液量は増えます。ただ、増えるのはほとんどが水分で、赤血球は増えないため、血液は薄まった状態に。さらに、赤ちゃんが母体の鉄分を必要とするため、鉄分が不足し、貧血になりやすいのです。

そこでおすすめしたいのが、鉄分を豊富に含む「サジー」。その鉄分の量はプルーンジュースのの約12倍!

さらに、サジーは血球成分を構成するタンパク質をつくるためのアミノ酸や、鉄分の吸収をサポートするビタミンCも多く含まれています。

鉄の吸収をサポートする
ビタミンCをも一緒に摂れるのは嬉しいね♪

1-2【ポイント2】妊婦の便秘対策にも効く

妊娠中は特に便秘になりやすいと言われています。

なぜかというと妊娠中に増えるホルモンの影響で腸の動きが弱まって便を押し出すことができなくなるからです。また、子宮が大きくなるにつれて、裏側にある腸が圧迫され、便が腸を通りにくくなってしまいます。

妊娠中は、硬くなった便を出すためにいきんでしまうと
出血したり、お腹が張ったりすることもあるから
注意してね。

サジーに多く含まれるビタミンCには、腸内の悪玉菌の増殖を抑制して腸内環境の改善に役立つ効果があります。

また、酸味が強いことも便通改善のポイントとも言えます。

サジーの果実はpH3~3.2と酸性度が強いので、サジージュースを摂取することで胃の内部を本来あるべき酸性度に保ち、消化吸収しやすくなります。

老廃物の排出が促されて便通がよくなる効果を得られやすくなります。

サジーを飲むと滞りがちな体内の巡りが改善★
老廃物の排出が促されて、便通が良くなるんだよ!

1-3【ポイント3】身体のだるさを軽減

妊娠中は、免疫の低下やホルモンバランスの乱れにより、疲れとれにくく、疲労感を感じやすいと言えます。身体がだるくて重たい原因としては貧血の可能性も考えられます。

サジーに含まれるビタミンB6とB12は体内の糖質をエネルギーに変える働きがあるので、効率的にエネルギーを蓄えることができます。

さらに、ビタミンB6にはつわりの緩和を期待できる効果もあります。

日本産婦人科ガイドラインの2017年最新版に、つわりの緩和のためにビタミンB6を投与する治療法が記されています。

参考:日本産婦人科ガイドライン2017年最新版 https://minds.jcqhc.or.jp/docs/minds/Obstetrical-practice/Obstetrical-practice.pdf

2妊娠中に特に必要な栄養素

その他、妊娠中に特に重要になる栄養素には、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12、亜鉛、鉄、カルシウム、マグネシウムなどがあります。

成人している女の人は、
毎日10~12mgの鉄分を摂るのが必要って言われてるけど、
妊娠後はどう変わるのかな?

妊娠初期ではさらに+2.5mg/日、
妊娠中期・後期では+15mg/日の摂取を心がけてね。

妊娠中は赤ちゃんに栄養を送るために全身の血液量が1.5倍程度増えるので、普段の食生活で問題ない女性でも貧血になりやすい傾向にあります。

鉄分が不足すると体を動かしたときに息切れや動悸、頭痛、めまい、立ちくらみ、疲れやすくなったりします。軽い貧血の場合にはお腹の赤ちゃんにはほとんど影響はないと言われていますが、鉄欠乏性貧血がひどくなると、お腹の赤ちゃんが低体重になったりすることがあるので注意が必要です。

サジージュース100gあたりに含まれる鉄分は2.46mg。サジージュースだけで1日の必要量を

補うことはできませんが、毎日の食事にプラスしてみてください。

鉄分が豊富といわれている食べ物の1食分と比較するとこのようになります。

サジージュース(100g)2.46mg
牛もも肉(国産)(100g)1.4mg
納豆1パック(50g)1.5mg
小松菜1/4束(80g)1.9mg
あさりむき身(50g)1.9mg

サジーを飲んでいた先輩ママの口コミ

4-1つわりの時期にも飲めた

妊娠が判明してから鉄分補給にいいと人に聞いて飲み始めた。
私は「吐きづわり」なんだけど、気持ち悪い時にはシーベリーの酸っぱさが丁度よくてスッキリします。
炭酸水で割って飲むといい感じでした。
(34歳女性 妊娠4ヶ月)

まとめ

妊娠中は、たくさんの鉄分、ビタミンB6、ビタミンB12などを必要とします。まずは今の食生活を見直してみてください。体調の変化が目まぐるしくなかなか食事に気を遣うことが難しいときこそ活躍するのが、200種類以上の豊富な栄養素を含んでいるスーパーフルーツ「サジー」です。

妊娠中に特に必要になる鉄分と、鉄の吸収を促すビタミンCを同時に摂れるので、効率よく貧血の対策ができます。そのほか、ビタミンCは便通改善する効果もあるので、多くの妊婦が悩まされる便秘の改善も期待できますよ。

酸味の強いサジージュースですが、その酸っぱさがつわりの時期に飲みやすいという口コミもあるので、ぜひトライしてみてくださいね。

サジーを飲んで、マタニティライフを
お腹の赤ちゃんと一緒に満喫してくださいね♪

Categories|