TOPICS トピックス

早めのほうれい線対策で、見た目を若々しく

年齢を重ねるにつれて気なるのが、口元にあらわれるほうれい線。うっすらとシワがあるだけで、何となく老けた印象を与えてしまいます。「年齢のせい」とあきらめる前に、少しでもほうれい線を目立たなくさせる対策を考えてみましょう。

ほうれい線はどんな人にもある

鼻から口元にかけてあらわれるほうれい線は、実は誰にでもできるものです。子どもや若い人でも現れることがあります。ただ、それが目立つか、目立たないかが問題なのです。

 

いずれにせよ、ほうれい線は1本あるだけで、見た目をぐっと老けさせてしまいますから、きちんと対策したいものですね。

 

では、なぜ、ほうれい線ができてしまうのか、その原因についてさぐってみましょう。

 

乾燥

ほうれい線の大きな原因のひとつが肌の乾燥です。特に口元は、会話をしたり、表情を変えたりするたびに大きく動き、皮膚がのび縮みする部位。

そこで肌が乾燥して、弾力が失われていると、できたシワがもとに戻りにくくなるのです。

 

朝起きたら布団のシーツの跡が顔についていた、というのと同じですね。

 

肌のハリや弾力は、もともと肌の真皮という層にそなわっているコラーゲンやエラスチンが支えているのですが、乾燥するとコラーゲンやエラスチンが減少し、それがほうれい線を目立ちやすくする原因にもつながります。

 

たるみ

肌の乾燥が進むと肌のハリも失われます。特に頬は皮下脂肪が多い部位なので、ハリが失われると重力によって、下に引っ張られやすくなります。

 

また、年齢によって表情筋が衰えてくると、頬の皮膚が筋肉で支えられなくなってたるみ、ほうれい線が目立つようになるのです。

 

日常の癖

日常のちょっとした癖もほうれい線の原因のひとつです。

頬杖をついたり、食べるときにいつも右ばかりで噛んだりする癖がないでしょうか?

頬杖をつくと、ついている手によって皮膚が引っ張られシワになりやすくなります。また、 片方でものを噛む癖があると、使っている側の頬の筋肉ばかりが鍛えられてしまい、左右にゆがみが生じます。

また、スマホやパソコンを使う時間が長い方も注意です。画面を見るために前傾した頭の重さが顔にかかり、肌をゆがませ、ほうれい線につながることがあるからです。

こうした、日常の習慣がほうれい線を目立たたせる原因になっているとも考えられています。

 

保湿重視のスキンケアでほうれい線対策を!

 

見た目の印象に大きく影響するほうれい線を目立ちにくくする対策として、まず、大切にしたいのが、スキンケアの見直しです。

 

特に乾燥はほうれい線にとって大敵!

 

洗顔後は肌が乾燥している状態なので、速やかに化粧水で肌を潤すことが大切です。気になる口元は数回に分けて、重ねて塗るようにするとよいでしょう。

次に、美容液や美容オイルを丁寧に塗ります。

グアマラルのシーベリーエッセンスには、200種類以上もの栄養素を含むシーベリー果実エキスに加え、保湿成分として、アロエベラ液汁や海洋プラセンタ、植物エキスを贅沢に配合しているので、乾燥が気になるエイジングケアにおすすめです。

 

また、週に1、2回のスペシャルケアとして、コラーゲンやレチノール(保湿成分)を配合したシーベリーフェイシャルオイルをプラスしてもいいですね。

 

スキンケアの最後はクリームでせっかく浸透させた水分や栄養分が蒸発しないように、蓋をしましょう。

製品はこちら

 

内側からのタンパク質補給も忘れずに

ほうれい線対策として、スキンケアも大切ですが、内側からのケアもお忘れなく。

 

特に、ハリのある肌の土台となるタンパク質はしっかりと補いたいものです。ダイエット中だからといって、タンパク質源となる肉や魚、乳製品を減らさずにきちんと摂るようにしましょう。

 

タンパク質を手軽に摂りたいなら、グアマラルのシーベリープロテインバーをぜひ、お試しください。噛み応えがあり、腹持ちのいいソイプロテインバーで、栄養も豊富です。

製品はこちら

いかがでしたか?

ほうれい線は見た目年齢を大きく左右してしまうので、できるだけ早めの対策が重要です。これから、3月に向けて徐々に紫外線量が増えていく時期になりますが、紫外線は肌のコラーゲンやエラスチンを壊してしまいます。紫外線対策も忘れずにしっかり対策してくださいね。

 


【執筆ライター】

かよ

学卒業後、医療メーカー企業を経て、ライターに。
現在は、化粧品・美顔器・ヘアケア・サプリメントなどの美容広告を中心に、コピーライターとして、ウェブ、紙媒体問わず活躍。
化粧品の営業で学んだ美容の知識と経験をベースに、プチプラから高級コスメまで、数々の商品を実際に使用してのレビュー記事多数

 

正月太りを解消!プロテインでプチダイエットしよう!

 

なかなか終息を見せないコロナ禍。

お家時間が増えたことで、体重まで増加してしまった…という方は多いのではないでしょうか?

おまけに、外出自粛の中でのお正月。動かないのに、美味しい食事を楽しんだ結果、本気でダイエットをしないとまずい状況に!という方は少なくないはずです。

 

そこで今回は、正月太りを解消する、プロテインを使ったプチダイエット方法をご紹介します。

 

ダイエット中もタンパク質は大切

 

ダイエットと聞くと、まず、思い浮かべるのが「食事制限」ではないでしょうか。

カロリーの高い炭水化物や間食を控えたり、夕食を抜く、または減らしたりなどが一般的でしょう。

 

健康的なダイエットの基本は、食事と運動の組み合わせですが、食事制限によるダイエットに頼ると、気づかないうちに栄養バランスを崩し、体調不良を招いたり、筋肉量まで落としてしまうリスクがあります。

 

実は、ダイエット中でもタンパク質が重要で、体内のタンパク質量が減ると、筋肉が落ちやすくなり、代謝が落ちて、逆に痩せにくくなるのです。

 

ウォーキングやヨガなどの軽めの運動を生活に取り入れる上でも、タンパク質は欠かせません。タンパク質をしっかり摂ることで筋肉量が維持でき、代謝もアップするのでダイエットに効果的だからです。

 

1日に必要なタンパク質は、体重1Kgに対して1.2kgほど。

厚生労働省によると、日本人の女性の場合、平均で1日、約50gが推奨されています。(2015年版日本人食事摂取基準)

 

しかし、お肉や魚、チーズや牛乳などの乳製品、卵などの動物性タンパク質はカロリーが高いので、ダイエット中の人は避ける傾向があります。すると、身体は今ある筋肉に備わっているタンパク質を分解してエネルギーに変えるようとしてし、結果的に筋肉量が減少して、代謝が落ちるという悪循環に陥ってしまうのです。

 

プロテインを使ってプチダイエット

そこで、おすすめしたいのがプロテインを使ったダイエット方法です。

 

プロテインダイエットとは、食事の一部をプロテインに置き換えるというもの。

摂取カロリーを抑え、結果的に一日の総摂取カロリーを減らして、ダイエットを目指します。

タンパク質はゆっくり吸収されるので、腹持ちがよく、過食を防げるのもメリットです。

 

しかし、単に食事をプロテインに置き換えるだけでは、ミネラルやビタミンが不足し、栄養バランスを崩して健康によくありませんね。栄養不足になると、ストレスを感じやすくなり、逆に過食に走ってしまうこともあるので注意が必要です。

 

そこで、ぜひ、利用していただきたいのが、ソイプロテインを原料にした、グアマラルのシーベリープロテインバーです。

 

ソイプロテインとは?

ソイプロテインとは、大豆由来のたんぱく質のこと。植物由来なので、ベジタリアンやビーガンの方でも摂取でき、牛乳アレルギーの方も安心です。

 

肉類や乳製品を原料とする動物性たんぱく質は、効率的に筋肉を合成する、重要な働きがありますが、健やかな身体作りをサポートする成分として、ソイプロテインの有用性もわかっています。

 

特に、ソイプロテインには女性ホルモンと似た働きがあると言われているイソフラボンが多く含まれており、女性の美容と健康にも役立つことが期待されています。

 

ただ、ソイプロテインは水にとけにくいため、粉っぽさを感じる方もいます。

そこで、おすすめしたいのが、ソイプロテインを固形のバーにした、シーベリーソイプロテインです。

 

シーベリーソイプロテインで美味しくダイエット

シーベリーソイプロテインバーには、大豆由来のソイプロテインのほか、200種類以上もの栄養素を豊富に含むシーベリーの果実が練りこまれています。ビタミンA、C、Eやオメガ7、アミノ酸、イソフラボン、ダイエット中の女性が不足しがちな鉄分など、女性の美容に嬉しい成分がぎゅっと詰まっているのが特徴。

 

バー状になっているので、食べやすく、おやつ感覚で食べられます。

触感がしっかりしているので、自然とよく噛んで食べるようになり、食べ応えは十分。お腹も心も満足でき、腹持ちがいいのもポイントです。

アーモンド風味で美味しく、あきずに食べられるので、忙しい朝や小腹が空いたときのおやつとしてもぴったりですね。

ひとつひとつ包装されているので、どこでも持ち歩けて、食べ過ぎる心配もありません。

ダイエットで重要なのは、継続すること。

そのためにも、置き換えダイエットアイテムは、生活に取り入れやすく、食べやすいことが大切です。その点、シーベリープロテインバーは、大変おすすめできます。

 

健康的なダイエットの基本は、主食と主菜、副菜、汁物などを組み合わせたバランスのよい食事ですが、それにシーベリープロテインバーを上手に組み合わせることで、無理のないダイエットが可能になります。

 

カロリーは1本でたったの116.2キロカロリー。

今年の正月太りの解消のアイテムとして、ソイプロテインを加えてみてはいかがでしょうか?

製品はこちら


【執筆ライター】

かよ

学卒業後、医療メーカー企業を経て、ライターに。
現在は、化粧品・美顔器・ヘアケア・サプリメントなどの美容広告を中心に、コピーライターとして、ウェブ、紙媒体問わず活躍。
化粧品の営業で学んだ美容の知識と経験をベースに、プチプラから高級コスメまで、数々の商品を実際に使用してのレビュー記事多数

 

乾燥・寒さもピークに!フェイシャルオイルでハリ対策     

日本の1月は、寒さも乾燥もピークになる季節です。

冷たい空気と乾いた環境は、肌にとって過酷。肌の水分も油分も減少して、ハリ不足になりがちです。今回は、そんな1月にぜひ取り入れたいスキンケア対策をご紹介します。

 

1月のハリ不足は水分と油分の減少

1年で最も気温も湿度も低い1月は、肌の水分が不足するだけでなく、油分も減少するので、肌がカサカサしたり、ハリが低下したりしたりと、肌トラブルを起こしがち。さらに、寒さで血行が悪くなるため、肌の代謝も落ち、血色が悪くなったり、肌がくすんで見えるようになったりします。

 

さらに、乾燥が進むと肌のバリア機能が低下し、このまま、何も対策せずに放置すれば、やがて乾燥小ジワが見え隠れするように…。

小ジワは見た目を老けさせる大きな要因なので、早めの対策が重要です。

 

また、この季節はターンオーバーが乱れるため、肌の透明感が失われ、シミが目立つようになったり、肌荒れを起こしたりと、さまざまな肌トラブルの原因になってしまうのです。

 

寒い冬でも血色のよい、健康的で美しい肌を保つためには、保湿を中心とした肌のお手入れが重要です。

 

ハリ不足にはリッチなオイル美容液でケア

乾燥する冬のスキンケアは、化粧水をたっぷり使って、肌の潤いを整え、乳液やクリームで水分が蒸発しないように蓋をするのが基本です。

 

そして、寒さのピークを迎える今の時期は、ぜひ、いつものスキンケアに美容オイルをプラスしてみましょう。

 

美容オイルといっても、今は様々な種類が市販されていますが、今回、私がご紹介するのは、

グアマラルの「シーベリーフェイシャルオイル」です。

 

これは、モンゴル産のシーベリー果実から抽出したピュアなオイルで、ビタミンA、C、Eなどの美容に有用と言われる成分が贅沢に含まれています。

 

オイルと聞くと、べたべたした印象がありますが、シーベリーフェイシャルオイルは、さらりとしたつけ心地で、なじみがよく、使い心地がとってもいい!肌をやわらげて潤いで満たしてくれるのです。

 

特にこのオイルをおすすめポイントは、乾燥肌に嬉しいコラーゲンやレチノールも配合されているところ。

 

ビタミンAの一種でもあるレチノールは、肌の潤いを支えるコラーゲンと大きなかかわりがあり、ハリのある肌に導く働きがあることが知られています。気になる目元や口元に塗ると効果的と言われており、乾燥肌や敏感肌の方に、ぜひ、お試しいただきたい成分でもあります。

 

また、コラーゲンもハリや弾力のある健康な肌には欠かせない美容成分です。コラーゲンは肌の潤い成分として、美肌に欠かせないもの。肌のごわつきやハリ不足が気になる方は、ぜひ取り入れてほしいと思います。

 

ブースター、美容液、マッサージにも使えるオイル

シーベリーフェイシャルオイルは、化粧水の導入(ブースター)として、また美容液としても有用ですし、週に1~2回程度のスペシャルなマッサージオイルとしても使えます。

 

私は特にブースターとして使うのがお気に入り。

オイルを塗ってから化粧水を塗ると、意外にもスーッと浸透しやすくなり、肌がしっとりするのです!

 

また、アイクリームがわりに目元に塗るのもおすすめです。

ほかにも、首や手に塗ったり、ネイルケアやボディケア、ヘアオイルとしても使用できます。ささくれが気なるのところに、ちょんちょんとオイルを塗ると、爪もつややかになるので、ぜひお試しください!

 

オイルの使用量に注意!

注意したいのは、オイルの使用量です。

オイルをできるだけ長持ちさせようと、少しずつ使うのでは十分な力を発揮できません。

かといって、化粧水のようにたっぷりつけてしまうと、べたつきが出てしまいます。

 

大切なのは適量をしっかりと塗ること!

使う部位や方法によっても使用量は異なりますが、気になる部分にピンポイントで使用したいときは、オイルを指全体に広げ(手のひら全体はつけすぎです。)、そっと置くように塗るとよいでしょう。

 

ブースターや化粧水の後の美容液として使う場合は、手のひら全体にオイルをなじませ、そのまま顔全体を手のひらで覆って包み込み、手の温度であたためながら、じっくりと浸透させます。

 

乾燥する1月、2月は、できれば毎日、朝晩、美容オイルを使用するようにすると、きれいな肌を保ちやすくなります。

シーベリーフェイシャルオイルで、しっとりすべすべの肌を目指しましょう!

製品はこちら


【執筆ライター】

かよ

学卒業後、医療メーカー企業を経て、ライターに。
現在は、化粧品・美顔器・ヘアケア・サプリメントなどの美容広告を中心に、コピーライターとして、ウェブ、紙媒体問わず活躍。
化粧品の営業で学んだ美容の知識と経験をベースに、プチプラから高級コスメまで、数々の商品を実際に使用してのレビュー記事多数

 

 

 

 

 

 

 

 

【メディア掲載】anan webにてシーベリージュースが紹介されました!

「anan web」さんに「グアマラルシーベリージュース」をご紹介頂きました。

〇今こそ摂りたい!…実は手軽な「スーパーフード神アイテム」3選

https://ananweb.jp/anew/328225/

 

「ホットシーベリージュース」について取り上げていただきました。

 

エイジングケアや美容ケアに嬉しい効果が期待できる”スーパーフード”、シーベリー。冷えが気になる女性にもぴったりです。ぜひお試しください。

Categories| NEWS